お薦め名画「ロンドン、人生はじめます」

2021年11月18日

映画銀幕パークジョージ松田です。

今回の御薦め名画は

ロンドン、人生はじめます

です。

ダイアン・キートン
ブレンダン・グリーソン
キャスティングでも話題になった
映画で、日本では実話とかDIY
言う…イマイチよく解らない
コピーが宣伝に使用された
イギリスの映画を2017年2018年
の様子を交えて書いて見たいと思います。

■ハリー・ローズ

この映画も、何故か?実話
書かれてしまう事がありますが

正しくはモデルになった男性
ハリー・ローズが居ました。

映画ドナルドを演じた俳優
ブレンダン・グリーソンとは
異なり、痩せた白髪でメガネの男性でした。

確かに…太っているのは現実的
に考えると…少し変です。

ハリー・ローズは、仕事をして
暮らしていて、日本的に言うと
何でも屋さんに近い仕事で
家や家電の修理とか、雑用の
仕事をしていて、評判もよく

依頼人の中には、沢山の有名人も
居て、映画監督テリー・ギリアム
も、その1人でした。

映画と同じところは、弁護士
土地の権利を相談したことで
金額やラストなども、映画とは
まったく違います。

■ハムステッドとDIY

この映画の邦題は
「ロンドン、人生はじめます」
と言います。

英国の人が、直訳を聴いたら

は?

と、いう感じだと思います。

この映画のタイトル

Hampstead(ハムステッド )

地名です。

日本で言うと「成城」とかと
同じく、高級住宅街です。

成城は、映画俳優などが多く
住んでましたが、ハムステッド
文人が多く、詩人や小説家などが
多く、画家や写真家などが住む
ような場所として知られています。

ただ、日本ハムステッド
言うタイトルでは、逆に

は?

と言う感じでしょうけども…
「ロンドン、人生はじめます」
も、ベストなタイトルには思えません。

またハイゲート墓地も有名で
実際にハムステッドのエリアに
在り、も墓地の隣にある
ワーテルロー公園に存在します。

ですが、が見えるなどの
細かい位置関係は、実際の場所
の位置は、映画のストーリー
的なものです。

また、この映画の宣伝にDIYと言う
文字が使われたりしますけども

確かに、小屋を作り、新しい小屋
を建てるのに、ペンキを塗ったり
大工仕事などをするシーンは
存在しますけども、DIYがメインの
映画ではありません。

■マルクスのお墓と土地

ハイゲート墓地には、映画でも
キーになっているマルクスの墓
実際に存在しています。

お墓土地の関係も不思議に
思う事がありますけども…

人類が誕生する前に、土地
存在しているのは明らかで

土地を、最初に売った人は誰なのか?
売る方も、売る方ですが
買う人が居たのも不思議です。

他の無料?の土地に行けば良い
ような気がしてしまいます。

を持っている人も居ます。

の土地を売っている人や
買っている人もいたり、
自分の名前が付くと言う
売り買いも存在しています。

不思議です・・・

この映画イギリスの法律
12年以上住んでる人の土地
権利に関連したストーリーに
ロマンスが絡みあいます。

主人公のエミリー古い邸宅
イギリスでは昔ながらの邸宅で
雨漏りがしたりしても、修復費
を出し合い、維持したりしています。

建物を建てる、その土地の権利
と言うのを、誰が与え、誰が
許可するのか?

元々、権利があるのか?

に入るまで借りているだけの
土地なのかもしれませんが
高級住宅地の一角の何年も
誰も気にしなかったような
場所は…

不思議の国のアリスのように
緑のトンネルを抜けた中に
パッと広がる不思議な空間

いろいろ考えさせられる不思議な権利です。

■まとめ

映画としては、ダイアン・キートン
演じるエミリーのお金の問題から
お金を持って居る人と、まったく
逆の小屋に住む、ドナルドとの間に
揺れ動くロマンスが、ストーリーです。

イギリスで公開された

2017年6月イギリスではロンドン橋で
テロ事件が起き7人が死亡、48人が負傷
犯人3人は射殺されると言う大きな事件
で、多くの人がショックを受けていました。

日本の公開は1年遅れ

翌年の2018年4月からで
全国の住宅賃貸大手のレオパレス21
物件で、界壁施工不備が発覚して
大きな問題になっていました。

また、日本公開の1年後にマルクスの
が破損させられている事件が起きています。

意図的なのか?事故なのか?
解かりませんが、土地
お墓で、その物質に怒ったり
泣いたり、いろいろな感情
載せているだけなのかもしれません?

人間にとって本当に大事な事
もっと別に「ある」と言う事を
感じさせてくれる映画ですので
未見の方は、是非良い歳の重ね方を
したダイアン・キートン

本来はコメディの巨匠である
ジョエル・ホプキンスが、実際の
出来事をベースに、大笑いする
コメディでは無いですが、人間が
土の上で、バタバタするリアル
思考のコメディを是非見て観てください。

今ならプレミアム会員無料でも視聴できますので
未見の方は是非御自身の目で、内容をチェックしてみてください。

Amazonプライムビデオ
詳しく見る。
*配信は予告なく変更する場合があります。
ロンドン、人生はじめます
ブルーレイ&DVDセット
ASIN ‏ : ‎ B07HB9XFP6
詳しく見る。

 

■作品データ

監督 ジョエル・ホプキンス
脚本 ロバート・フェスティンガー

製作
ロバート・バーンスタイン
ダグラス・ラエ

音楽 スティーヴン・ウォーベック
撮影 フェリックス・ウィーデマン
編集 ロビン・セイルス
製作会社 Ecosse Films
Scope Pictures

配給
イギリス Entertainment One Films
日本 シンカ、STAR CHANNEL MOVIES

公開
イギリス 2017年6月23日
日本 2018年4月21日

上映時間 103分

製作国 イギリス イギリス

興行収入 $5,960,000

 

■キャスト

エミリー・ウォルターズ ダイアン・キートン
ドナルド・ホーナー ブレンダン・グリーソン

フィリップ ジェームズ・ノートン
フィオナ レスリー・マンヴィル
ジェームズ・スマイス ジェイソン・ワトキンス
ファイフ フィル・デイヴィス
裁判官 サイモン・キャロウ
スティーヴ・クローリー アリステア・ペトリー
ゼイヴィア ピーター・シン
レオン・ローランズ ウィル・スミス
スーザン ロザリンド・アイアーズ
ローリー ブライアン・プロザーロー

 

名画

Posted by J.MAZDA