お薦め名画「メリーに首ったけ」

2021年10月1日

映画銀幕パークジョージ松田です。

今回の御薦め名画は

メリーに首ったけ

です。

この映画は、アメリカでは1998年
7月15日夏の映画として公開され
ましたが、日本では翌年の1999年
1月30日と言う、正月映画が終わった
2番手に公開された作品でした。

その辺りの差や、1999年の頃を交えて
書いて見たいと思います。

■何かがあります。

邦題「メリーに首ったけ」
キャメロン・ディアス出世作なので

まだ、キャメロン・ディアスを知らない
人が多く、「マスク」ヒロイン
言うくらいで、逆にマスクも後々
キャメロン・ディアス出演作品として
脚光をあびるので、CG特撮コメディ
ヒロインくらいにしか認識されていませんでした。

ベン・スティラーも、2006年に公開
されるナイト ミュージアムには
まだ、7年もあるので、あまり知られて
いない俳優がメインなので、日本では
遅れるだけでは無く、正月映画からも
漏れてしまいます。

後々から考えれば、キャメロン・ディアス
と、ベン・スティラーで、正月映画にも
入れないのは、おかしな話ですけども
この作品で、2人は飛躍していくので
仕方ないとは思います。

もう1つ、この映画の内容とタイトルも
日本での扱いが良く無かった要因で

この作品の原題は
「There’s Something About Mary」です。

今では、この横文字を翻訳ソフトに入れたら
「メリーに首ったけ」と、訳されるように
なっているくらい有名な映画になっていますが

当時は、「メリーに何かがあります。」
いうような訳になっていました。

なので、意味が解らないタイトル
内容も、当時は男達が群がる変態コメディ
などとも書かれたりしていました。

確かに・・・間違いでも無いですけども

この群がるを「首ったけ」としたのだと
思いますけども、当時でも・・・
使われないワードですし、若い人には
意味すら、あやういワードでした。

ですが、「メリーに首ったけ」だと
男性側に起きてる事が、タイトルになっていますが

実際のタイトルの意味は

「メリーには何かがあります。」と言う
メリーを主にしたタイトルなので
真逆なのですが・・・

この作品には、メリー以外は変な人しか
出てこないので、内容の解釈やタイトル
訳し方(置き換え)も、難しかったのだと思います。

■恋敵だらけのラブストーリー?

監督のファレリー兄弟は、変なコメディ
撮るというイメージの方も多いと思いますし
下ネタなども多い印象の方もいると思います。

グリーン・ブック(2018年)が、第91回
アカデミー賞で作品賞、他、や世界の映画祭
多くの賞に輝いた時にも

あの「メリーに首ったけ」を撮った人?と
映画関係者が、ざわついたくらい
「メリーに首ったけ」は、下品な変わった
コメディと認識されていて、全米映画協会
R指定にしてしまいます。

他のR指定と比べたら、画的にはR指定
要素は、無いに近いのですが・・・

ですが、この変わった下品なコメディ
本来、下品だったんでしょうけども
若き、キャメロン・ディアスが、作中同様に
堂々とした明るさで吹き飛ばしてしまい

大ヒットとは言えませんが、ヒットして
しまいます。

日本へも、ヒットなの?どうなの?と言う
微妙な成績から、正月映画が終わった後の
1月30日からの公開枠に収まります。

劇場公開は、やはり…それなりでしたが
その後、キャメロン・ディアスの人気上がると
レンタルやソフトなどが好調で、劇場では
カットされた10分を足した完全版エクステンデッド版
メロメロ・バージョンなどが、追加リリース
される人気作品になっていきました。

■ヘアジェル

ヘアジェルとカン違いしたメリー
自分の髪に塗ってしまう。

これが、R指定の1番の要因だと思い
ますし、知らないで見た観客は
ドン引きする人もいました。

ですが、このメリーが前髪を上げた
ヘアスタイル?は、彼女のアイコン
なるほど有名で、ジェルが何かは別にして
可愛いと話題に成り、キャメロン・ディアス
を、スターにしていくのですから・・・
わかりません。

キャメロン・ディアス自身は、このシーンで
「女の子がデート時に自分の髪の異変に
気付かないはずがない」と異を唱えたそうですが

ファレリー兄弟は、笑いが取れると、デートの
始まりのディナーの部分だけは、この髪型で
演技して欲しいとした事で、この映画が
決まったとも言えます。

勿論、メリーが「それ」を、ヘア・ジェル
勘違いして、自分の髪の毛につけてしまうのは
撮影的には、ジェルなのも大人には解るのですが

この時の、キャメロン・ディアスの台詞の
言い方、「ヘア・ジェル」という言い方は
一時流行語になったほどでした。

■まとめ

1998年の12月2日に、日本は郵便番号
7桁化になり、クリスマスカード
年賀状が、少し変わった後

1999年にはいり、宣伝が活発になって
目にしたのが、キャメロン・ディアス
前髪を立てたスチールでした。

普通に明るい女性が主役のコメディかな?
と、思った方が大半だったと思います。

今、見ると初々しいキャメロン・ディアス
ですが、後にスターになる事を知って見る
ので、かなり変わった印象で観れますし
事実上の引退(休業状態)になっている
キャメロン・ディアスを、残念に思うくらい
ハツラツとしていますので、未見の方は勿論
20年以上まえの映画ですが、是非、もう1度見て観て下さい。

メリーに首ったけ [Blu-ray]
言語:字幕  英語, 日本語
時間: 131 分
詳しく見る。

■作品データ

監督
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー

脚本
エド・デクター
ジョン・J・ストラウス
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー

原案
エド・デクター
ジョン・J・ストラウス

製作
フランク・ビドア
マイケル・スタインバーグ
チャールズ・ビー・ウェスラー
ブラッドレイ・トーマス

製作総指揮
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー

音楽 ジョナサン・リッチマン
撮影 マーク・アーウィン
編集 クリストファー・グリーンベリー
配給 20世紀フォックス

公開
アメリカ合衆国 1998年7月15日
日本 1999年1月30日

上映時間 119分

製作国 アメリカ合衆国

製作費 $23,000,000
興行収入$369,884,651

■キャスト

メリー・ジェンセン・マシューズ  キャメロン・ディアス
テッド・ストローマン  ベン・スティラー

パット・ヒーリー マット・ディロン
タッカー、ノーマン・フィップス  リー・エヴァンス
ドム・ウォガノウスキー クリス・エリオット
シーラ・ジェンセン マーキー・ポスト
ウォーレン・ジェンセン W・アール・ブラウン
マグダ リン・シェイ
サリー ジェフリー・タンバー
リサ  マーニー・アレクセンバーグ
クレボイ刑事 リチャード・タイソン
ブレット・ファーグ ブレット・ファーヴ
ブレンダ サラ・シルバーマン
チャーリー・ジェンセン キース・デヴィッド
ジョナサン・リッチマン ジョナサン・リッチマン
ヒッチハイカー  ハーランド・ウィリアムズ