森田芳光 【映画・作品】

2021年10月1日

森田芳光 (1950年1月25日 ~ 2011年12月20日)

yosimitu morita 

出生地 神奈川県茅ヶ崎市

森田芳光は、何かと話題作を手掛けた監督で茅ヶ崎で産まれ渋谷の円山町の料亭で育つ
その事から芸者を見近に観て育ち、落語の評論の方にハマる。
一方、東宝芸能学校に所属して子役として、現場も体験していて監督に何作か自身が
他の映画などに出演している俳優としても面も少し持って居ました。

高校で、ドクトル・ジバゴに感動して映画への想いが芽生えるが時代的に学生運動に参加
日芸を卒業しても名画座でのアルバイトが続く中、自主制作映画から奮起して
実家を抵当にしデビュー作「の・ようなもの」を製作、秋吉久美子の役なども話題になり
家族ゲーム(1983年)で、キネマ旬報ベスト・テン第57回日本映画ベストワン受賞

その後は、そろばんずく、キッチン、失楽園、阿修羅のごとくなどなど話題作が続き
俳優との熱い衝突から強い絆を作る監督としても知られ、作品に挑む姿勢は半端ないと
言われる監督でしたけどもC型肝炎の急性肝不全にて61歳の若さで惜しまれつつ他界されてしまいます。

監督脚本

年   タイトル
1981年  の・ようなもの(1981年) 監督脚本
1982年  シブがき隊 ボーイズ & ガールズ  監督脚本
1982年 (本)噂のストリッパー  監督脚本 *(本)○まるほん
1983年  ピンクカット 太く愛して深く愛して  監督脚本
1983年  家族ゲーム  監督脚本
1984年 ときめきに死す  監督脚本
1984年  メイン・テーマ  監督脚本
1985年  それから    監督
1986年  そろばんずく  監督脚本
1988年  悲しい色やねん  監督脚本
1989年  キッチン   監督脚本
1989年  愛と平成の色男  監督脚本
1991年  おいしい結婚  監督脚本
1992年  未来の想い出 Last Christmas  監督脚本
1996年  (ハル)  監督脚本
1997年  失楽園   監督
1999年  39 刑法第三十九条  監督
1999年  黒い家   監督
2002年  模倣犯  監督脚本
2003年  阿修羅のごとく  監督
2004年  海猫  監督
2006年  間宮兄弟  監督脚本
2007年  サウスバウンド  監督脚本
2007年  椿三十郎   監督 *カラーリメイク
2009年  わたし出すわ 監督脚本
2010年  武士の家計簿  監督
2012年  僕達急行 A列車で行こう  監督脚本



Posted by J.MAZDA