ニコラス・レイ【映画・作品】

2021年8月17日

ニコラス・レイ(1911年8月7日 – 1979年6月16日)

Nicholas Ray
本名 Raymond Nicholas Kienzle
(レイモンド・ニコラス・キンズル・ジュニア)

出生地 アメリカ ウィスコンシン州

理由なき反抗 [Blu-ray]
JAN: 4548967075724
時間 111 分
詳しく見る。

ハリウッド黄金期巨匠と言われる監督で、ジョン・ウェイン
ハンフリー・ボガートのファンには、日本でも有名ですが
おそらく日本ではジェームズ・ディーン理由なき反抗の監督と
して最も知られるアメリカの監督です。

中西部のウィスコンシン州で産まれ、建築に興味を持って
有名な建築家のフランク・ロイド・ライトに学びますが
数ヶ月で挫折し、ニューヨークで左翼演劇に参加。

第二次世界大戦が始り、ラジオや宣伝映画など情報局の仕事から
当時パナママウント、20世紀フォックスなどと並ぶ5大映画会社
PKOに就職、終戦後1950年代にフリーなって各映画会社でメガホン
を取る中、西部劇大砂塵が話題になり、ジェームズ・ディーン
理由なき反抗も産まれます。 

多くの作品を監督しますがアルコール依存症や体調不良で1958年
ハリウッドを離れて、ヨーロッパで3本撮りますが1963年
心臓発作を起こして事実上の商業ドラマ映画からは身を引く
事に成ります、因みにその最後の北京の55日(1963年)に
まだ俳優時代の伊丹十三が出演しています。 

その後もドキュメントなどを数本撮りますが、肺癌にて他界します。

私的には、ジーン・エヴァンスと1930年に結婚息子が1人誕生
2人目は女優のグロリア・グレアムで、その後2人の女性と結婚し
生涯に4回結婚と3回の離婚を繰り返しています。

年   タイトル
1948年 夜の人々 – They Live by Night
1949年 暗黒への転落 – Knock On Any Door
1949年 女の秘密 – A Woman’s Secret
1950年 孤独な場所で – In A Lonely Place
1950年 生まれながらの悪女 – Born To Be Bad
1951年 太平洋航空作戦 – Flying Leathernecks
1951年 危険な場所で – On Dangerous Ground
1952年 ラスティ・メン/死のロデオ – The Lusty Men
1954年 大砂塵 – Johnny Guitar
1955年 追われる男 – Run For Cover
1955年 理由なき反抗  Rebel Without a Cause 原案
1956年 熱い血 – Hot Blood
1956年 黒の報酬 – Bigger Than Life
1957年 無法の王者ジェシイ・ジェイムス  The Story Of Jasse James
1957年 にがい勝利  Bitter Victory
1958年 エヴァグレイズを渡る風  Wind Across The Everglades
1958年 暗黒街の女 – Party Girl
1960年 バレン – The Savage Innocents
1961年 キング・オブ・キングス – King Of Kings
1961年 キング・オブ・キングス – King Of Kings
1963年 北京の55日 55 Days at Peking
1970年 1969年11月15日、ワシントンでのデモ行進  March Of Washington.Nov.15.1969
1973年 ウィ・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン *学生たちとの共同監督、脚本、出演
1974年 守衛 The Janitor オムニバス映画(Wet Dreams)
1978年 マルコ – Marco 短編
1980年 ニックス・ムービー/水上の稲妻  Lightning Over Water ドキュメンタリー映画




Posted by J.MAZDA