大林 宣彦【映画・作品】

2021年9月23日

大林 宣彦(1938年1月9日~2020年4月10日)

nobuhiko obayashi

出生地 広島県尾道市東土堂町

2歳でブリキ玩具の映写機を気に入り、6歳で35mmフィルムに手描きアニメを製作
観るよりも、作る方から映画に興味を持つ。
実家の持ち家の1つに、映画監督の新藤兼人が住んでいた事から一緒に映画を観る。

15歳で、小津安二郎の代表作「東京物語」の撮影を見学、小説や漫画を描き
ピアノや演劇活動もするなど、自主制作の8ミリ製作にも力を入れ
初めて友人と製作した16ミリが、でベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞受賞を
受賞してしまうという、映画監督になるべくしてなったような監督です。

その為、自主制作映画などを支援する活動を続けています。

尾道三部作と呼ばれる「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」
自分の生まれ故郷を舞台に撮影され、1作、1作別の作品であり、監督や映画会社が
宣伝で使ったワードでは無く、大林作品を愛する映画ファンが言いだしたワードで
とても珍しい、映画ファンに愛されている監督と言えます。

監督脚本製作

年   タイトル
1977年  HOUSE ハウス 監督製作
1977年  瞳の中の訪問者 監督
1978年  ふりむけば愛  監督
1979年  金田一耕助の冒険  監督
1981年  ねらわれた学園  監督
1982年  転校生   監督
1983年  時をかける少女  監督
1984年  廃市   監督、プロデューサー、企画、編集、作曲
1984年  少年ケニヤ    監督
1984年  天国にいちばん近い島 監督
1985年  さびしんぼう     監督
1985年  姉妹坂        監督
1986年  彼のオートバイ、彼女の島  監督
1986年  四月の魚  監督脚本
1986年  野ゆき山ゆき海べゆき  監督
1987年  漂流教室        監督
1988年  日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群  監督脚本
1988年  異人たちとの夏  監督
1989年  北京的西瓜    監督
1991年  ふたり      監督
1992年  私の心はパパのもの  監督
1992年  彼女が結婚しない理由 監督
1992年  青春デンデケデケデケ 監督
1993年  はるか、ノスタルジィ 監督脚本
1993年  水の旅人 -侍KIDS-  監督
1994年  女ざかり    監督脚本
1995年  あした     監督
1998年  三毛猫ホームズの推理    監督
1998年  SADA~戯作・阿部定の生涯  監督
1998年  風の歌が聴きたい      監督
1998年  麗猫伝説 劇場版      監督
1999年  あの、夏の日 ~とんでろ じいちゃん~ 監督脚本
2000年  マヌケ先生 監督脚本
2000年  淀川長治物語・神戸篇 サイナラ  監督
2001年  告別     監督
2002年  なごり雪 監督脚本
2004年  理由  監督脚本
2007年  転校生 -さよなら あなた- 監督脚本
2007年  22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 監督脚本
2008年  その日のまえに      監督
2012年  この空の花 -長岡花火物語 監督脚本
2014年  野のなななのか 監督脚本
2017年  花筐/HANAGATAMI 監督脚本



Posted by J.MAZDA