サンダーバード55/GoGo【感想・レビュー】

2022年1月19日

映画銀幕パークジョージ・松田です。

このスクロールして行き下のアイコンが表示された

下の記事からはネタバレに成りますので注意してください。

今回の映画サンダーバード55/GoGoです。

日本での放送55周年に公開された映画です。

本国イギリスでは、2015年にクラウド
ファンディングによって製作された
サンダーバード1965され

BBCとITV共同の配信サービスBrit Box
で配信され
サンダーバード50周年記念エピソード
と言うタイトルに変更された作品です。

内容構成は、3本サンダーバード
新作と、追加でまったスーパーマリオ
ネーション
「ネビュラ・75」第1話
4つの作品と、間にインタビューや
メイキングなどが挟まれた、55周年
お祭り的な映画です。

■「サンダーバード登場」

この映画1本目
「サンダーバード登場」から始まります。

意外な事ですけども…
この話は、かなり重要な内容
当時のシリーズに無いのが
おかしなくらいの、要素がメインになっています。

日本で言う*ペネロープが、初めて
国際救助隊に加わるエピソードゼロと言える話です。

当然ですが、執事のパーカーセットです。

*レディ・ペネロープは、ペニー
と英語圏の作中では呼ばれ
本名はペネロープ・クレイトン=ワード

またペネロープが乗るピンク
6輪ロールス・ロイスも、日本
ペネロープ号と言われていますが

コレも海外ではFAB-1と言うクルマ
で、この映画ではでFAB-1で通され
ペネロープ号とは言われません。

この映画ではFAB-2も登場します。

そのペネロープ号FAB-1が初めて
サンダーバードの基地が在る島
トレーシーアイランドに上陸して
島の中を走行するシーンも、誰も
見た事の無い映像です。

当時のシリーズの中には、やや
総集編的な話で、子供に基地の中
サンダーバードメカを案内して
紹介する「*秘密作戦命令」と言う
1本がありますけども

秘密作戦命令が、基地の内部から
だとしたら、この話は基地の外から
トレーシー(パパ)自ら、ペニー
サンダーバードメカ発進ベスト
な観戦ポイント
を教えて、FAB-1
移動して見ながら、国際救助隊
装備を説明して、仲間に加わって
もらうエピソードです。

*秘密作戦命令はNHK放送時のタイトル
で、民放での「小さな侵入者」として
改題された方が内容にマッチして
子供には解りやすい。話数も放送事に
異なるので記載しません。

このエピソード・ゼロとも思える
話も1964年に、オリジナル
サンダーバードが製作された
イギリスバークシャーにあるスラウ
にある*倉庫撮影されました。

*人間では無い小規模である事や
予算的にスタジオでは無く倉庫で撮影された。

この同じ「倉庫」で撮影された続編
的な新作は、イギリスメディア
大きく取り上げられた。

オリジナル・ブランドDNA継承
抱かせるのに充分な話題であった事
から…

更に、当時の製作スタッフまでが
動く事になります。

人形命を吹き込む人形師の
メアリー・ターナー
が参加

監督デイヴィッド・エリオット
参加した事で、サンダーバード
ファンのテンションは、加熱していきます。

■「雪男の恐怖」

この映画では2本目の話になるのが
「雪男の恐怖」です。
60年代は、まだ世界の山々には
雪男の伝説が残っていて、解明
されてないロマンがありました。

サンダーバードの時代設定は
西暦2065年なので…ある意味
おかしな話でもありますが
この話は、やや雪男実在すると
信じて見た方が、正しい?見方かもしれません。

*西暦2065年・作中に出て来る
カレンダーが2026年だった事から
1970~1990年は2026年の設定時期が
ありましたが、放送当時の2065年に現状は固定されています。

雪男のしわざに見せかけた
フッドの悪事を暴きに
ペネロープパーカー
現地に乗り込みますが・・・

ペネロープ大ピンチ
国際救助隊が出動する話で
雪景色の中でのエピソードです。

スキーコプターなどは、現在の
上空を飛んでいるオスプレイ
と略同じですけども、飛行機と
ヘリコプターを組合わせた
飛行メカと言うのは、60年代
子供雑誌などにも登場していて

ウルトラマンなどでも、1971年
帰ってきたウルトラマン
マットジャイロとして登場している
くらい、60年代には未来の便利な
乗り物
として考案されていました。

その辺りも、この映画3本
原作は、放送当時に発売された
ドラマのレコードで、50周年
祝う企画として、この映像化
企画した事が始りでした。

■「大豪邸、襲撃」

この映画は、CGが簡単に使える
現在では、逆に予算や時間や
手間のかかる当時と同じ
アナログ方式撮影されています。

この3本目は、大豪邸の大爆破
アナログ特撮の見せ場です。

*ハイスピードカメラ撮影する
爆破誤差を逆算して、見事に
大豪邸爆破しています。

*フィルムのスローは、逆に
カメラを高速で廻す事で撮影する手法。

小さい建物の爆発や、大型メカは
実際には普通か速く感じる速度
ですが、スローで再生する映像を
観客は見るので、重厚感のある
巨大差を感じる事ができ、ゴジラ
なども、同じくスローを見ています。

大豪邸に続々と盗みに入る
謎の強盗達は、静音で飛行できる
ヘリジェットで盗みに入ると
証拠隠滅の為に、全ては爆破して
逃げる事を繰り返しますが

ついに、ペネロープの豪邸とは
知らずに進入する~話です。

これらの3本の作品は、2015年7月7日
*キックスターターが用いられ

製作初回話「雪男の恐怖」の資金
7万5千ポンドは7月13日が調達され
「サンダーバード登場」のために
目標額が12万ポンド増額

第3話のための目標19万5千ポンド
も最終日までに調達され
最終的21万8412ポンドが集り

聖地の倉庫での撮影がスタートしました。

*キックスターター・方式としては
クラウドファンディングに近いが
クリエイターファーストで
アイデアを世に出すまでの全てを
サポートする仕組みが整えられている
などの製作側に優しいシステム。

オリジナルスタッフの協力も得て
完成した映像DVDとBlu-Rayとして
出資者らに、無事プレゼント発送されました。

出資者の方が居なければ、勿論
映像は完成していませんが
知って居たら少しでも参加したかった
と言うファンは多いと思います。

先行か後払いかの違いでだと思って
映画館で見るのも、結果的には
同じ(近い)ですので、是非映画館
足を運んでみてください。

■まとめ

また、この映画には最後に
ネビュラ・75第1話が上映されます。

同じ*スーパーマリオネーション
実は、「大豪邸、襲撃」泥棒の
1人
(?人形の1体)が、別の役
登場したりする短編です。

*スーパーマリオネーション目やクチが動く操り人形。

サンダーバード世代の方も
世代で無い方も、見に行く前に
過去の作品を、チェックして
行くと更に、細かい再現力に
呆れるくらい関心します。

日本好きなトレーシー
机の後に浮世絵のプレート
在ったり、芸者の絵が在る事でも
2065年でも、絶えない日本文化
なども小道具に見る事が出来ます。

反面2026年なのにテープレコーダー
で録音したり、巨大なテレビカメラ
などの現在との差は、ピアノ線
共に楽しめる未来のアナログ映画です。

今ならAmazon・Prime Videoプレミアム会員)でも
視聴できますのでチェックしてみてください。

サンダーバード55/GOGO(吹替版)
Prime Video
時間・2時間6分
詳しく見る。 *配信は予告なく変更する場合があります。

■作品データ

監督

ジャスティン・T・リー(第1話)
スティーブン・ラリビエー(第2話)
デイヴィッド・エリオット(第3話)

脚本

アラン・フェネル(第1話/第3話:原案)
デイヴィッド・グレアム(第2話)
デスモンド・サウンダース(第2話)

原作 サンダーバード50周年記念エピソード

製作 スティーブン・ラリビエー
音楽 バリー・グレイ

編集 樋口真嗣

配給 東北新社・スター・チャンネル

公開 日本 2022年1月7日

製作国
イギリス
劇場版・日本

●サンダーバード55/GoGo

構成担当:樋口真嗣
編集:佐藤敦紀
翻訳:杉田朋子
演出:伊達康将

録音・調整:山本和利(オムニバス・ジャパン)
制作:力丸秀/山田佳奈(東北新社)

タイプライター協力:清水亮/尾河商会
企画:稲田正風/林直樹
協力:高田幸枝/神田美夏/服部洋之
制作:東北新社
配給:東北新社/スター・チャンネル
ポスターデザイン:大河原邦男

■キャスト(声優)

ペネロープ・クレイトン=ワード 満島ひかり
アロイシャス・パーカー 井上和彦

ジェフ・トレイシー 大塚芳忠

スコット・トレイシー 森川智之

ジョン・トレイシー 櫻井孝宏
バージル・トレイシー 日野聡
ゴードン・トレイシー 江口拓也
ブレインズ 堀内賢雄

フッド 立木文彦

雪男の恐怖NTBS記者 松川裕輝

救難信号を出すイギリス人登山家 長谷川敦央

山小屋で雪男に襲われる男  駒谷昌男

チャールズ 茶風林
ドウキンズ 丸山壮史
エレイン・ウィックフェン 田村千恵

ナレーション:矢島正明