お薦め名画「つみきのいえ」

映画銀幕パークジョージ松田です。

今回の御薦め名画は

つみきのいえ

です。

つみきのいえ」は、短編の
アニメ作品で、海外では

La maison en petits cubes

と、して知られる作品です。

このタイトルは、英語ではなく
フランス語のタイトルです。

その為か?前知識なく見た方は
外国の作品だと思う事が多い
ようですけども…

この作品は、日本の作品です。

今回は、この世界中絶賛された
日本のアニメ作品について
2008年当時の様子も交えて書いてみたいと思います。

■受賞ラッシュ

第81回アカデミー賞 短編アニメ賞
を受賞した、「つみきのいえ」は

アヌシー国際アニメーション映画祭
アヌシー・クリスタル賞(最高賞)

第12回広島国際アニメーション
フェスティバル ヒロシマ賞、観客賞

第12回文化庁メディア芸術祭
アニメーション部門大賞などなど
国内外10の映画祭で14の賞を受賞した
事からも、多くの方が見る機会が
増えて、子供から大人まで

いろいろな国の方々が見た作品です。

そうなった、大きな要因の1つ

この作品には「セリフ」が、まったくありません。

つまり言葉の壁が無いと言うのが
世界中の方が見るのには、大きな
メリットになりました。

勿論、強引に無くしたような作品
ではなくて、例えばピングー
ような、何を話しているのか解からない
ような言葉も発しません。

この作品世界と、主人公の行動から
自然に、台詞が無くて成立している
世界が描かれている事が、本当の
セリフ無しのメリットになっています。

■上へ下へ

に沈みゆく街にある積木
積み上げたかのような家で暮らす
1人の老人主人公

沈みそうになると、上に積み上げ
ていく、作業が必要になります。

ですが、沈んが下の階には
老人の想い出が残っています。

想い出の上に、今があるのか?

つみきの家

上へ

と、

下へ

行く、老人の行動に、見る方が
何かを重ねて観ていくことになります。

■未来へ過去へ

新しく積み上げた階未来

沈んだ階は、過去と言う
見え方も、勿論あります。

老人は、水の中の過去の階
行き・・・
過去の家族との想い出と再開
します。

SF映画のようなタイムマシーン
は出て来ませんが

老人は、ダイビングスーツ
着て、過去へダイビングします。

老人の想い出は、老人の想い出
ですけども、観客は其の中に
自分と重なる想い出を観ていく
作品になっています。

■まとめ

2008年9月には、アメリカの
大手投資銀行リーマン・ブラザーズ
が連邦倒産法第11章の適用を申請し
経営破綻したリーマン・ショック
で、世界中の経済が大変な事になり

日本では、松下電器パナソニック
社名を10月に変更

11月4日にはアメリカ大統領
バラク・オバマが当選した時に

この小さなアニメ作品が公開され
短い時間ですけども、多くの事を
考える不思議なタイムマシン
味わいましたので

未見の方は、是非時間は実際には
短いので是非是非見て観てください。

Amazonプライムビデオ
詳しく見る。
*配信は予告なく変更する場合があります。

アニメ作品をベースにして、監督加藤久仁生
脚本平田研也が書き下ろしした絵本が出版されています。

つみきのいえ(絵本)
白泉社
ISBN-10 ‏: ‎4592761316
詳しく見る。

 

■作品データ

監督 加藤久仁生

脚本 平田研也

製作
日下部雅謹
秦祐子

原画、動画:オープロダクション

音楽
近藤研二
(栗コーダーカルテット)

公開 日本 2008年10月4日

上映時間 12分3秒

製作国 日本

■キャスト

ナレーション 長澤まさみ

名画

Posted by J.MAZDA