ウィリアム・ワイラー【映画・作品】

2021年7月20日

ウィリアム・ワイラー(1902年7月1日 ~ 1981年7月27日)

William Wyler

出生地 旧・ドイツミュールハウゼン(現・フランス東部オー=ラン県)

ウィリアム・ワイラーは「ローマの休日」の監督として有名ですが
西部劇や、嵐ヶ丘、黄昏、 ベン・ハーなど多くの名作を残し
アカデミー監督賞を3度受賞した、ハリウッド黄金期に欠かせない監督です。

ヨーロッパから第一次世界大戦の影響もあり、ハリウッドに住まいを移し
撮影所の雑用から~助監督、監督になったスタイルの経緯ですが
社長のコネでと言うイメージを持たれます。 ただ作品の評価とヒットで
吹き飛ばし、女優のマーガレット・サラヴァンと結婚。
2年で離婚するも、続けてのヒット作、アカデミー賞では作品、監督賞で
一流監督の評価を受けます。
第二次世界大戦に、終戦までアメリカ陸軍航空隊中佐として参戦。
終戦後にも酷いヤジに対向し暴力事件で逮捕、撮影中の事故で右耳の聴力を失い
生まれ故郷の実家や家族も、ドイツ軍に連れ去られるなど私的には2度の戦争で
不幸な面が多かったですが、アカデミー監督賞受賞3回、ノミネート12回という
大記録は未だに破られていない偉大なハリウッドの記録です。

監督製作

年   タイトル
1926年  稲妻の男 Lazy Lightning  監督
1926年  戦友の為 The Stolen Ranch  監督
1927年  新時代 Blazing Days  監督
1928年  君を尋ねて三千里 Anybody Here Seen Kelly? 監督
1929年  仮の塒 The Shakedown  監督
1929年  恋のからくり The Love Trap  監督
1930年  砂漠の生霊 Hell’s Heroes  監督
1930年  嵐 The Storm  監督
1931年  北海の漁火 A House Divided  監督
1932年  鉄血士官校 Tom Brown of Culver  監督
1933年  やりくり宝船 Her First Mate  監督
1933年  巨人登場 Counsellor at Law  監督
1934年  白蛾 Glamour  監督
1935年  お人好しの仙女 The Good Fairy  監督
1936年  この三人 These Three  監督
1936年  孔雀夫人 Dodsworth  監督
1936年  大自然の凱歌 Come and Get It  監督
1937年  デッドエンド Dead End  監督
1938年  黒蘭の女 Jezebel  監督
1939年  嵐ヶ丘 Wuthering Heights  監督
1940年  西部の男 The Westerner  監督
1940年  月光の女 The Letter   監督製作
1941年  偽りの花園 The Little Foxes  監督
1942年  ミニヴァー夫人 Mrs. Miniver  監督
1946年  我等の生涯の最良の年 The Best Years of Our Lives  監督
1949年  女相続人 The Heiress  監督製作
1951年  探偵物語 Detective Story  監督製作
1952年  黄昏 Carrie  監督
1953年  ローマの休日 Roman Holiday   監督製作
1955年  必死の逃亡者 The Desperate Hours  監督製作
1956年  友情ある説得 Friendly Persuasion  監督製作
1958年  大いなる西部 The Big Country  監督製作
1959年  ベン・ハー Ben-Hur   監督製作
1961年  噂の二人 The Children’s Hour  監督製作
1965年  コレクター The Collector  監督
1966年  おしゃれ泥棒 How to Steal a Million  監督
1968年  ファニー・ガール Funny Girl  監督
1970年  L・B・ジョーンズの解放 The Liberation of L.B. Jones 監督



Posted by J.MAZDA