行定 勲【映画・作品】

2021年10月1日

行定 勲(1968年8月3日~)

yukisada isao

出生地  熊本県熊本市出身

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年)で有名になった監督です。
熊本城での黒澤明監督の作品「影武者」のが撮影現場を見て映画の道へ
東放学園映画専門学校から、岩井俊二監督助監督として経験を積み

OPEN HOUSE(1997年)で第2回みちのく国際ミステリー映画祭 in 盛岡で
新人監督奨励賞グランプリを受賞。ひまわり(2000年)で映画監督デビュー
熊本でラジオ番組を持ったリュック、舞台演出もする中
パレード(2010年)が第60回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。
リバーズ・エッジ(2018年)で2度目の国際批評家連盟賞を受賞する
世界的に活躍する、日本の映画監督です。
撮影環境や俳優が演じるには厳しい条件でも、的な事を最優先し
精神的な裏表や奥に潜むもの描く描写が鋭い監督です。

監督脚本製作

年   タイトル
2000年  ひまわり監督脚本
2000年  閉じる日 監督脚本
2001年  贅沢な骨 監督脚本、プロデュース
2001年  GO 監督
2001年  えんがわの犬 監督
2002年  ロックンロールミシン 監督脚本
2002年  Jam Films「JUSTICE」監督脚本製作
2002年  月に沈む 監督脚本製作
2003年  セブンス アニバーサリー 監督
2003年  OPEN HOUSE、監督脚本製作 *1998年映画祭上映
2004年  きょうのできごと a day on the planet監督脚本製作
2004年  世界の中心で、愛をさけぶ 監督脚本
2005年  北の零年 監督
2005年  春の雪 監督
2006年  ユビサキから世界を 監督脚本製作
2007年  遠くの空に消えた 監督脚本
2007年  クローズド・ノート 監督脚本
2007年  ショコラの見た世界 監督
2010年  今度は愛妻家  監督
2010年  パレード  監督脚本製作
2011年  カメリア「Kamome」 監督
2012年  初恋 第二篇 監督脚本製作
2013年  つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語、監督
2014年  円卓 こっこ、ひと夏のイマジン 監督
2014年  真夜中の五分前 監督
2015年  世田谷ラブストーリー監督脚本製作
2016年  ピンクとグレー 監督
2016年  うつくしいひと 監督脚本製作
2016年  鳩 Pigeon 監督
2016年  ジムノペディに乱れる 監督
2017年  ナラタージュ 監督
2018年  リバーズ・エッジ 監督
2018年  いっちょんすかん 監督脚本製作
2019年  海風 監督脚本製作
2020年  窮鼠はチーズの夢を見る 監督



Posted by J.MAZDA